ブリリアンカット以外にも!ダイヤのカット

ブリリアンカットからの発展形が多い

ダイヤモンドのカットと言えば、やはり丸型で光を多く反射しているラウンドブリリアンカットですよね。ダイヤモンドが最も美しく輝くカットだと言われています。どの面も正八角形になっているですよ。婚約指輪などのダイヤモンドはこのカットが多いですよね。他にもダイヤモンドのカットはいくつかありますが、実はブリリアンカットの派生であることが多いんです。 楕円形にカットしているオーバルカットもその一つです。見た目もどことなくブリリアンカットに似ている所がありますよね。カラーストーンのカットでもよく用いられています。一粒ダイヤのネックレスに用いられるペアシェイプカットもブリリアンカットの一種なのですから、驚きですね。

ダイヤに個性を加えるカット

ハート形の可愛らしいダイヤモンドも、エンゲージリングにぴったりですよね。なんとこのカットまでも、ブリリアンカットの一種なんです。ブリリアンカットから分かれたものは、いずれもダイヤモンドの輝きを良く見せるためのものであることを感じさせますよね。 ブリリアンカットから派生していないカットもありますし、このタイプのカットも宝石の良さを引き出しています。エメラルドのカットは一見すると四角形に見える八角形ですよね。その名もエメラルドカットと言います。色石の色を最大限に活かすためのカットですが、ダイヤモンドに応用しても個性的で美しいですよね。少ないカラット数で大粒に見せることができるのは、マーキースというカットです。指がきれいに見せる効果もあるんですよ。