必見!人工と天然の見分け方

不純物が全くないと人工ダイヤである可能性あり

天然のダイヤモンドは非常に価値が高いです。一方でダイヤには人工で作られたものも存在し、注意しなければなりません。ダイヤの買取のため鑑定してもらうと、人工ダイヤだった事実が判明するケースも時として起こります。そこで人工と天然の見分け方を知っていると安心です。 人工ダイヤの特徴は、天然に比べて欠点がない点が挙げられます。人工ダイヤは不純物を全く含まずに製造する事が可能なため、非常に純度が高いです。一方で天然のダイヤは自然の中で特定の条件が揃った場合にのみ生まれ、中には多少ながらも不純物を含んでいます。ダイヤをよく観察してみて、ごく微量の不純物も含まない完ぺきな純度である場合には、それが人工のダイヤの可能性も考えられるかもしれません。

屈折率が高い天然のダイヤの特徴

人工と天然のダイヤを見分けるポイントの一つに、屈折率の違いがあります。天然のダイヤは屈折率が高いのが特徴です。そのためカッティング次第では、美しい輝きを発することができます。一方で人工で作られたダイヤの場合、屈折率は天然に比べると低い傾向にあります。 この屈折率の違いは、ダイヤを通して向こうを見通してみると見分けが可能です。屈折率が高い天然のダイヤは、光の屈折作用により向こうの様子が透けて見える部分が少なく、人工ダイヤの場合は光が屈折せず直接目に飛び込んでくるため、透けて向こうの景色がよく見えます。ダイヤ買取業者に所有しているダイヤを持ち込んで鑑定してもらう前に、天然かどうかダイヤを透かして確かめてみると判別を付ける事は可能です。