そのダイヤ、いくら?

ダイヤモンドの価格はこうして決まる

家にあるダイヤモンドが一体いくら位で売れるのか、気になる人もいると思います。ダイヤモンドの査定基準は4種類あり、それは重さ、色、クラリティ、そしてカットです。これらの頭文字が全てCで始まるため、4Cと呼ばれています。まず重さは専門用語でカラットと言い、1カラットは0.2グラムに当たります。重いほど大きくなるため、カラットを大きさの単位と勘違いしている場合がありますが、あくまでも重量です。 次に色ですが、イエロー、オレンジ、ブラウンのダイヤモンドは、無色透明のものより若干、値段が下がります。一方、バイオレット、ライトブルー、淡いピンクなどの場合は、通常、無色より高値が付きます。ただし品質やカットにもよるので、ケースバイケースとなるでしょう。

ダイヤモンドのクラリティ・グレードとは?

カラットとカラーの次に、ダイヤモンドの価格を決める基準がクラリティです。これは内包物の入り具合による評価と言えます。外観の傷は当然、査定に響きますが、さらに内包物の有無と、どこに内包物があるかといったことも値段に関係してきます。クラリティ・グレードは、全部で10段階に分かれていますよ。 次にカットですが、有名なブリリアントカットをはじめ、いろいろなタイプがありますね。国際基準では4段階で評価されています。日本の場合は5段階です。 こうしたダイヤモンド単独の金額の他に、リングやペンダントトップであれば、ジュエリーとしての全体的なデザインも査定金額に影響します。指輪などから外れた状態でも、ダイヤモンドであれば高値が付きますよ。