色が付いているダイヤ!?ピンクダイヤとは何か?

ダイヤの中でも希少性が高いピンクダイヤ

ダイヤというと、無色透明のイメージが世間一般では強いです。しかしダイヤの中にはカラーのタイプのものも実は存在します。特にカラーダイヤの中でも希少性が高く人気があるのがピンクダイヤです。 ピンクダイヤは鮮やかなピンク色が特徴のダイヤで、ダイヤの買取業者からも重宝されています。希少性の高いダイヤの中でもピンクダイヤは特に数が少なく、採掘される量はほんのごくわずかです。そのためピンクダイヤを宝石買取業者に持ち込んだとしたら、かなりの高値で買い取ってもらえる可能性があります。もしピンクダイヤが手元にあるなら、それがいくらで売れるのか気になるかもしれません。場合によっては想定していないほどの高値で買い取ってもらえる可能性もあるため、鑑定を依頼してみる価値があります。

天然のピンクダイヤは高値で売却可能

ピンクダイヤは数が限られているため、ダイヤ買取業者に高値で買い取ってもらえる可能性があります。ただしピンクダイヤには天然のもの以外に人工的に作られたものがあり注意が必要です。通常の無色透明のダイヤに対して人工的にカラー加工を行う方法があり、ピンク以外にもグリーンなどのカラーリングをダイヤに施すことが可能です。 人工的にカラーリングされたピンクダイヤは、天然ものに比べて買取価格が下がってしまいます。ピンクダイヤは流通量が少なく、色がピンク色であっても鑑定すると人工ものだったケースはあまり珍しくありません。もし天然ものか人工加工によるものか判別がつかないのであれば、一度は手持ちのピンクダイヤを鑑定してもらうのも方法です。