4Cに気を付けて、正しく鑑定しよう

カラットやクラリティで違いが出るダイヤの買取の価値

ダイヤを売る際には、買取業者の鑑定士に任せれば適切な買取評価を下してくれます。しかし念のため、自身でもダイヤの価値をある程度見極められた方が望ましいです。ダイヤの価値を測る目安となるのが4Cです。4Cの要素の一つにカラットが挙げられます。カラットは重さを示す単位で、小さな宝石の重さを表すのに適しているのが特徴的です。このカラットの数値が大きいほど、ダイヤの買取価格も上がります。 また4Cにはクラリティの要素も重要です。クラリティは透明度を表すもので、ダイヤに含まれる不純物や傷の状態を示します。クラリティは透明度が高ければダイヤの価値が上がり、一方で肉眼で見えるような不純物や傷があると価値が下がるのが特徴です。

カラーやカットを知っているとダイヤの価値が分かる

ダイヤの4Cを語る上で価値に大きく関わる要素の一つにカラーが挙げられます。カラーとはダイヤの色を示すもので、基本的にダイヤの場合は無色透明に近いほど買取評価も上がります。ただし中には強いカラーを持つダイヤもあり、その場合かえってカラーダイヤとしてダイヤの評価が上がる事もあり注意したいポイントです。 その他、4Cの要素のうちカットにも注目ができます。カットは原石からダイヤを成形した時のカッティングの質を示すものです。このカットのグレードが高ければダイヤは輝きを増し、独特な魅力がアップします。カットの質は加工を手掛けた職人の腕による部分が大きく、どのようにダイヤをカットされたかによって買取の価値も大幅に変わります。